Open 11:00AM   8:00PM Close

〒655-0872 神戸市垂水区塩屋町字南谷876-39  ℡078(752)4088

Copyright(C)2013 KAZUNORI SAKEMOTO. All rights reserved

About

酒本和範(サケモト カズノリ)Studio Cheese代表  生年月日:昭和39年5月5日 出身:和歌山県 住所:兵庫県神戸市 銀塩写真一筋。

● 1997年5月3日:Studio Cheese 開業。

● 1999年10月:「1000人の赤ちゃん展」 開催。

● 2005年4月~6月:第2回「生まれたての赤ちゃん1000人展」開催。​

● 2005年4月: サンテレビ「ニュースEyeランド」特集・赤ちゃん1000人展。

● 2005年5月6日:NHKドキュメント「誕生の喜びいつまでも」に。

特殊撮影システム

● 2005年7月~8月:花と虫の写真展「color'S vol.1」開催。

● 2005年9月2日 NHKニュース特集にて、花と虫の写真展「color'S」

● 2006年5月:東京御茶ノ水にて、第3回「生まれたての赤ちゃん1000人展」開催。J-WAVE(関東FM)およびKissFM(関西FM)出演。

● 2006年11月:明石市立天文科学館にて、第4回「生まれたての赤ちゃん1000人展」招待展示。ケーブルテレビ明石、出演。

● 2007年3月1日~13日:三宮インフォーメーションギャラリーHATENAにて、第3回「color'S.vol3」開催。

● 2007年5月6日(日):神戸新聞、月一連載企画「これぞ神戸流」に取り上げられました。

● 2007年6月14日:神戸市立名谷小学校6年生「赤ちゃんと交流授業」にて、生まれたて赤ちゃん1000人の写真の展示と、講演。

● 2007年8月:作品展くどくどアナログ開催、木村ヨーシロー氏藤井英雄氏と共に銀塩アナログプリントの存在の重要性訴えました。

● 2007年8月2日:作品展「くどくどアナログ」、神戸新聞にも掲載。

● 2008年3月18日~27日:神戸市主催「子どもたちへのメッセージ展 2008」に招待され「生まれたての赤ちゃん1000人」を展示。

● 2008年3月19日 朝日新聞朝刊第1面(全国紙面)に掲載。

● 2009年3月:神戸市主催「子どもたちへのメッセージ展 」に2度目の招待を頂き「生まれたての赤ちゃん1000人」を展示しました。

● 2009年4月9日 小渕優子 内閣府特命担当大臣(少子化問題・男女共同参画)に関 芳弘 衆議院議員と共に、お会いしてまいりました。

● 2009年6月:発売の「カメラマガジン」に「アナログプリントの伝道師がいる写真屋さん」と紹介記事が3ページに渡り載ってます。

● 2009年8月:発売の「カメラマガジンNo.11」に全国の「アナログプリント」が頼めるお店として2号連続で紹介記事が載ってます。

● 2009年11月: 神戸市消防局監修「雪」対談企画、西條遊児のおじゃましま~す 神戸のがんばる人発見 。

● 2010年1月16日 サンテレビで放映されている神戸市広報テレビ番組「スキ神戸」に赤ちゃん達の写真と一緒に出演しました。

● こちらの1月16日放送「思いをつなごう!未来へ-震災から15年」をクリックして動画をご覧ください。

● 2010年1月:「阪神淡路大震災記録資料展&子どもたちへのメッセージ運動展」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2010年12月2日:神戸市垂水区小学校PTA連合会全体研修会」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2011年1月:「阪神淡路大震災記録資料展&子どもたちへのメッセージ運動展」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2011年1月27日発売の「CAMERAmagazine」誌上で最新高性能ネガフィルムのテストレポートを担当させていただきました。

● 2011年4月16日:テレビ朝日「SmaSTATION」でご紹介いただきました。草なぎ剛さんと対談。

● 2011年6月9日:神戸市立名谷小学校6年生異世代交流「命の感動体験」にて、生まれたて赤ちゃん1000人の写真の展示と、講演。

 2011年9月5日~9月25日:D&F-color'S Vol.5 開催。

● 2012年2月2日~8日:神戸市立東町小学校4年生ハーフ成人式イベントにて「生まれたての赤ちゃん1000人」展、招待展示と講演

● 2012年4月25日~5月13日:東京 新宿 伊勢丹にて「生まれたての赤ちゃん1000人」展 。

● 2013年1月:「阪神淡路大震災記録資料展&子どもたちへのメッセージ運動展」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2013年1月11日:関西テレビ・よ~いドン!「となりの人間国宝さん」に認定されました。

● 2014年1月:「阪神淡路大震災記録資料展&子どもたちへのメッセージ運動展」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2014年6月:神戸市垂水区役所3Fゼラニウムギャラリーにて1カ月間、作品を展示させていただきました。神戸新聞朝刊6月17日掲載。

● 2014年7月:西宮さくらFM「cafe@さくら通り(生放送)」に生出演させていただきました。

● 2015年1月14日:FMわいわい震災関連番組(生放送)」に生出演させていただきました。

● 2015年1月15日~21日:子どもたちへのメッセージ運動展」に「生まれたての赤ちゃん1000人」を招待展示。

● 2015年12月9日:神戸市垂水区PTA連合会全体研修会 講演

● 2016年2月27日~3月4日:フォレスト垂水にて「生まれたての赤ちゃん1000人」展2016.2.27朝日新聞2016.2.28毎日新聞掲載

● 2016年4月15日:NHK「おはよう関西」にて特集に 東北支援気仙沼「生まれたての赤ちゃん1000人」展の打ち合わせなど

● 2016年4月19日:NHK「News神戸発」特集『あの日を胸に』で「生まれたての赤ちゃん1000人」展などの活動を御紹介いただきました。

● 2016年4月27日:NHK「おはよう日本」全国放送で東北支援気仙沼「生まれたての赤ちゃん1000人」展のご紹介をいただきました。

● 2016年5月2日:東北支援気仙沼「生まれたての赤ちゃん1000人」展inフェニックスバティングセンター毎日新聞 関西紙面 掲載

● YahooTopNews <赤ちゃん写真展>幸せの象徴20年で5000人撮影http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00000030-mai-soci

● 2016年5月3日~5日:東北支援気仙沼「生まれたての赤ちゃん1000人」展inフェニックスバティングセンターを開催

● 2016年5月4日:東北支援気仙沼「生まれたての赤ちゃん1000人」展inフェニックスバティングセンター毎日新聞 宮城紙面 掲載

●           仙台放送 お昼のNewsでご紹介頂きました。 オフィシャル動画 https://www.youtube.com/watch?v=I1AdSUSmcMg

●             仙台放送 夕方のNewsでご紹介頂きました。  オフィシャル動画 https://www.youtube.com/watch?v=dtW5oK9c2V

● 2016年5月16日:さくらFM 防災番組「何時もおそばに」に生出演、気仙沼写真展までの経緯などをお話しました。

● 2016年10月16日:ブルメール舞多聞にて「生まれたての赤ちゃん1000人」展inおもちゃ箱開けちゃいました。

● 2017年2月16日:神戸市立塩屋小学校にて「生まれたての赤ちゃん1000人」展と講演授業 朝日新聞 朝刊 掲載

●                                http://studiochee18.wixsite.com/analog-photography/newa

● 2017年2月19日:サンテレビNewsで神戸市立塩屋小学校での講演授業の様子が紹介されました。

「カメラを持った命の伝道師 酒本和範」(以下の文章は、洋画家である菅原洸人先生が、第3回「生まれたての赤ちゃん1000人展」開催時に寄稿してくださった紹介文です。)

ここ塩屋は、有名な須磨と明石にはさまれた、古びたたたずまいの小さな町です。この商店街のギャラリー付き写真館チーズの主人酒本君は実に研究熱心でその心はいつも燃えている。彼は10年ほど前から大きな病院の産婦人科にたのまれて、生まれたばかりの赤ちゃんの写真を撮り続けている。彼はストロボの光を和らげるために、工夫してプラスチックで遮光器具を作ったり実に心をこめて撮影している。どの写真もこの世に生まれた命の輝きへの祈りが込められて、見るものに強く訴えている。地元で発表展をしたが、連日鑑賞者が絶えず各マスコミにも大きく取り上げられた上、NHKの30分番組で放映されて我々応援団も大いに喜んだ。この度いよいよ東京で多くの関係筋のご後援で発表展をするそうで、心ある町の人々挙げてその成果を大いに期待している。最近とくに親子関係などで問題の多い時代になって心を痛める事が多くなって残念です。生まれたばかりの赤ちゃんの写真にはその命の不思議さと、何時までも幸多かれとの祈り心が写真に凝縮している。見る人の心に訴えているこれらの作品を、東京でもより多くの人々に観ていただきたい。尊い命の輝きを写真に創作して訴えつづける彼を、あえてカメラを持った命の伝道師と呼びたい。ご盛会を祈ります。菅原洸人 サロン・ドートンヌ会員、日本美術家連盟会員

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now